東京中央日本語学院の日本語教師養成講座通学コースの特徴と口コミまとめ

東京中央日本語学院では通学コースとeラーニングコースを開講しています。
この記事では通学コースの特徴と口コミについてご紹介します。

東京中央日本語学院の日本語教師養成講座の概要

校舎

火曜日~金曜日   :新宿校舎    (新宿駅南口から徒歩5分)
土曜日              :信濃町校舎 (信濃町駅から徒歩1分)

授業時間帯

火曜日~金曜日:13:00~16:55
土曜日     :午前 9:00~12:55  午後13:40~17:35

科目

理論科目と実技科目の2つに分かれています

・理論科目:文法、社会心理、音声、言語教育

・実技科目:初級実技I、初級実技II、中上級実技、教育実習

サービス

振替可能
再受講可能
eラーニング視聴可能
自習室利用可

東京中央日本語学院の特徴

最短で半年で修了できる

東京中央日本語学院では理論と実技科目が並行して進んでいくため、最短で半年で修了できます。なるべく早く日本語教師で活躍したい方にはオススメです。

就職サポートが充実

国内、国外の日本語教育期間から届く求人情報情報を提供しています。海外にある日本語学校の採用担当者の方が東京中央日本語学院で採用説明会を開催しています。
講師の方も親身になって就職に関する相談にも対応してくれます。

授業が充実している

実技科目では模擬授業や教壇実習をしながら、実践力を身につけることができます。フィードバックをその都度してもらえるので実践力が身につけることができます。模擬授業を繰り返し行えば自分の授業スタイルを確立させることができます。理論科目では基本的には講義スタイルの授業になっていますが、実際に例文を考えたりと現場でもきちんと使える知識を身につけていくことができます。

日本語教育能力検定試験対策が充実している

日本語教育能力検定試験対策ゼミがあり、420時間コースと併用して受講も可能です。合格率は70%とかなり高いです。通学コースでもeラーニングで予習・復習が可能です。範囲の広い検定試験でもポイントを絞って学習できます。

東京中央日本語学院の評判東京中央日本語学院の口コミ

東京中央日本語学院のメリット

①留学生と交流できる機会が多い
信濃町校舎には日本語学校もあるため、留学生のイベントにも参加することができます。日本語教師になってからのイメージがつきやすいです。
日本語学校や日本語教師について知ることができるため、安心して就職活動を行えるようです。

②クラスメートと切磋琢磨しながら学習できる
様々な年齢層の受講生がいるため、クラスメートともすぐ打ち解けることができるそうです。また、教室の貸出も行っているため授業後にクラスメートと模擬授業の練習や勉強会もできるようです。一緒に学習していきながら、お互いに成長できます。

③継続していくための実践力が身につけられる
東京中央日本語学院では授業のテクニックだけではなく、自ら授業の改善点を探し、実行できる能力も身につけることができます。最初はやはり難しいと感じることも多いそうですが、修了後には考える力と継続的に自己研鑽できる力が身につけられ、就職活動する際にも強みになるそうです。

再受講やeラーニングで復習、予習が可能
通学コースでも出席扱いにはなりませんが、eラーニングで理論科目の復習、予習が可能のようです。そのため携帯やパソコンで何度でも動画を視聴することができます。また、再受講も可能のため既に受けた授業をもう一度授業の出ることが可能です。eラーニングでの動画視聴と再受講どちらも受講開始から3年間受講可能です。

東京中央日本語学院のデメリット

①きちんと授業内容を理解していないと資格を取得することができない
出席して課題を提出すれば資格がもらえるという講座も増えてきていますが、東京中央日本語学院の場合は、確認テストがあるのでテストに合格しなければ課程を修了することができません。そのため、しっかりと勉強しておく必要があります。

②理想と現実のギャップを知る
東京中央日本語学院では無料でカウンセリングを受けることが可能です。カウンセリング時には日本語教師についてや就職した後についてもお話してくださるそうですが、そこで日本語教師の理想と現実にギャップを感じる方もいるようです。

まとめ

東京中央日本語学院では留学生との交流も多く、実際に日本語教師として働く姿を見ることができます。修了要件も定められており、本当に日本語教師になりたい人の講座といえそうです。
また、養成講座の中でも数少ないeラーニングコースも開講しています。授業見学やカウンセリングも無料で行っており、こちらから申込ができるようです。