東京中央日本語学院 eラーニングコース(通信制)の魅力

スケジュール的に日本語教師養成講座に通学するのは難しいと思っている方もいるのではないでしょうか。現在では通学コースと通信コースの養成講座があります。
通信講座では東京中央日本語学院と大原学園グループの養成講座が文化庁届出受理をされています。その中の1校である東京中央日本語学院のeラーニングコース(通信制)講座についてご紹介いたします。
東京中央日本語学院のeラーニングコースでは通学コースよりも通う回数を減らすことができ、受講料も抑えることができます。

講座の概要

東京中央日本語学院では理論と実技の2つのカリキュラムに分かれています。eラーニングコースでは理論科目をeラーニング(オンライン)で自分のペースで学習していくことになります。実技の科目は通学し、受講する必要があります。

校舎

火曜日~金曜日   :新宿校舎    (新宿駅南口から徒歩5分)
土曜日              :信濃町校舎 (信濃町駅から徒歩1分)

授業時間帯

火曜日~金曜日:13:00~16:55
土曜日     :午前 9:00~12:55  午後13:40~17:35

科目

理論科目と実技科目の2つに分かれています

・理論科目(オンライン学習):文法、社会心理、音声、言語教育

・実技科目(通学必須)     :初級実技I、初級実技II、中上級実技、教育実習

コース

全部で4つのコースがあります。
・平日半年コース (水曜日、金曜日)
・平日1年コース   (前半:水曜日、後半:金曜日)
・土曜半年コース    (午前、午後)
・土曜1年コース     (午後)

期間

6ヶ月もしくは1年
年に4回(4月、7月、10月、1月)開講しています。

サポート

通学コースと同様のサービスを受けることができます。

・振替サービス
クラスを欠席した場合に違う曜日に授業を振替することができます。
・再受講サービス
受講開始日から3年間再受講可能です。修了後も受講することができます。
・教室利用サービス
空いている教室の貸出を行っているため、授業練習などができます。

サポート

通学コースと同様のサービスを受けることができます。

・振替サービス
クラスを欠席した場合に違う曜日に授業を振替することができます。
・再受講サービス
受講開始日から3年間再受講可能です。修了後も受講することができます。
・教室利用サービス
空いている教室の貸出を行っているため、授業練習などができます。

料金

入学金、教材費も込のお値段になります。他校と比べてもリーズナブルな料金になっています。
割引特典もあるようなので、資料請求や無料見学会に参加してみるといいでしょう。

eラーニング420 Wライセンスパック   509,200円(税込)
(420時間+検定対策ゼミ)

eラーニング420コース          475,200円(税込)

eラーニングコースのオススメポイント

通学する回数が少なくなるのでスケジュールの調整が楽になります。eラーニングコースでも通学コースと同等の資格を取得できるので修了後も安心して就職活動が行えます。先行して理論科目(eラーニング)で受講することが可能のようです。

まとめ

現在、eラーニングコースで文化庁の届出を受理されている学校は2校です。通学コースよりも手頃に始めることができます。理論科目は通勤時間にも動画を見ることができるので自分のペースで進めることができます。東京中央日本語学院では通学コースと同様にサポートサービスがあるので安心ですね。実際にeラーニングのデモ動画を視聴することができるようです。
無料で授業見学やカウンセリングも行っているようなので一度学校に行ってみてはどうでしょうか。