大原学園グループの日本語教師養成講座の口コミ

最近では日本語教師の国家資格化など前よりもメディアで多く取り上げられていますね。テレビや新聞などを見て日本語教師に興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は大原グループの日本語教師養成講座の概要と口コミをご紹介します。

大原学園グループ 日本語教師養成講座の概要

大原グループでは日本語教師養成講座以外にも様々な講座を開講しています。日本語教師養成講座(Web)は文化庁届出受理講座第1号です。

校舎

大原学園グループでは水道橋で開講しています。
駅から徒歩10分ほどのところにあります。

開講講座

・420時間総合コース通学(Web講義標準装備)
理論編及び実践編・実習編すべて通学する講座になります。
また、講義映像をWebで視聴可能のため、復習や欠席時のフォローとして利用できます。
4月生9ヶ月クラス、10月生9ヶ月クラスは教育訓練給付金対象講座です。

開講時期:4月、5月、7月、8月、10月
受講期間:9ヶ月~15ヶ月
通学日: 平日夜+土曜、土曜
受講料: 538,300円(税込・教材費込)

・420時間総合コース通学(理論編Web)
理論編はWebで学習する講座になります。
スキマ時間を有効的に使いながら、学習ができます。
理論はいつからでもスタート可能です。

開講時期:4月、5月、7月、8月、10月
受講期間:9ヶ月~15ヶ月
通学日: 平日夜+土曜、土曜
受講料: 489,000円(税込・教材費込)

・介護の日本語教師養成コース 教室通学
日本語教師としてすでに働いている方や日本語教師資格取得者の方が対象の講座です。
日本語教師としての専門性を身につけたい方にオススメの講座です。

開講時期:6月、11月、2月
授業回数:7日間 全13回
受講料: 86,500円(税込)

日本語教師養成講座420時間総合コースの授業カリキュラム

大原学園グループの420時間総合コースのカリキュラムは下記のように3つのカリキュラムで構成されています。

理論編⇒実践編⇒実践編

日本語教師に必要な知識や教授法を学び教壇に立ち練習教え方を学び、さらに実際に教壇に立って練習することにより、総合的に学習ができます。

大原学園グループ日本語教師養成講座の口コミ

メリット

理論をWebで受講しましたが、自分のタイミングで学習をスタートすることができました。通学をする科目は曜日は固定でしたが、夜間の授業もあったので働きながら受講ができました。

実践編は1クラスの人数が少なかったので、クラスのメンバーも先生との距離も近かったです。質問もしやすい雰囲気でした。

大原グループ学園では日本語学校を運営しているので、実際に留学生の前で実習することができました。

1週間の動画視聴時間は多いなと感じることがありましたが、動画の中に休憩時間も入っているので集中力を切らさずに受講することができました。

デメリット

欠席をしても補講できる回数が限られていたので、スケジュールを調整するのが難しいときがありました。

教案の添削などは丁寧に行っていただきましたが、1回の模擬授業時間が5~10分ぐらいのときが多く、実習編で留学生の前で授業をする前はかなり不安でした。

教育訓練給付金の対象講座が9ヶ月のみで全通学コースのみ対象だっため、利用できないのが少し残念でした。

まとめ

大原学園グループは通学コースも通信コース両方あるため、自分のスケジュールなどに合わせて学習スタイルを選べるのは魅力的ですね。
また、介護の日本語教師養成コースも開講しており、日本語教師としてのステップアップも狙えますね!夜間と土曜日も開講しているので社会人の方も安心して受講できます。
しかし、受講する曜日が固定していることや補講回数が限られていることからフレキシブルにスケジュールを組めないことがネックのようです。