通信制の日本語教師養成420時間なら東京中央日本語学院と大原がおすすめ

日本語教師になりたいと思っても近所に通学できる日本語教師養成講座がなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
420時間コースと書かれていても実は文化庁の認定を受けていない学校を修了しても、国内の日本語学校で教える資格にならないという落とし穴もあります。

そこで本記事では「国内の日本語学校でも教える資格がとれる通信の日本語教師養成420時間講座の紹介」をします。本記事を読めば日本語教師を目指すあなたに合った通信制の講座が分かります。

国内の日本語学校で日本語教師になるための条件

法務省告示校という学校があります。法務省入国管理局が定めた、日本語教育機関の告示基準を満たしている学校のことです。簡単に言えば国内の正式に認可されている日本語学校や、それに準ずる学校のことです。

平成29年から施行された「日本語教育機関の告示基準」(以下、「新基準」という)で「学士の学位を持ち、日本語教育に関する適当な研修を420単位時間以上受講し修了した者」の条件が厳しくなりました。

・学歴が4大卒以上であること
・文化庁に届け出が出され認められた講座の420時間であること

という細かい条件が追加されたのです。つまり4大卒で文化庁認定の420時間の受講を修了しなければ3つの条件を満たしたことにならないのです。

通信なら文化庁の認定した養成講座がおすすめ

新基準以前は通学、通信関係なく文化庁に受理されていない420時間の講座でも問題はありませんでした。しかし、新基準以降は文化庁の認定校であるか否かが講座選びの重要なポイントとなりました。既存の420時間の通信講座のほとんどは、文化庁に認定されていません。

通信でも420時間中120時間は面接による研修、同時双方向性が確立しているメディアを利用した研修のいずれかがなければ文化庁に認定されないからです。

通信講座の多くは日本語教育検定試験の対策講座です。また、文化庁に認定されていない通信の420時間は、日本語教師として働ける資格にはなりません。

文化庁に認定されている通信講座は2つがおすすめ

文化庁に認定されている講座の一覧のリンクをご覧ください。
文化庁

この中で文化庁に認定されている講座は2つしかありません。「東京中央日本語学院」と「大原言語教育センター」の通信講座だけです。国内の日本語学校で日本語教師をしたい人で通信で資格をとるなら、この2つがおすすめです。

東京中央日本語学院

日本語教師養成講座 eラーニング420コース
料金・・・453,600円(教材費・税込)
eラーニングながら15回前後の模擬授業もある実践的な講座です。
日本語学校と併設しているため、国際交流する機会が多くあります
また、受講開始から無料で3年間視聴可能です。
東京中央日本語学院

大原学園

420時間総合コース
料金・・・478,600円 (教材費・税込)
理論編と実践編があり、理論編をWEBで代替できる420時間の講座。
通学時は平日夜または土曜なので、就業中でも通いやすいです。
大原学園

まとめ

通信制講座で日本語教師420時間を修了するなら文化庁認定の
・東京中央日本語学院
・大原学園
の2つから選ぶのが新基準以降の日本語教育業界ではおすすめです。